今はもうなくなってしまった合宿所。

合宿所といっても、超〜高級マンションの一室で、その広さは莫大なものでした。壁がミラーになっている大大広間、キッチン、ダイニング、(当時)麻世さん、少年隊(3人一部屋)、トシちゃん、マッチさんの各個室、その他執務室など…

ここには、ただジュニアになっても、遊びに行くことは許されません。ある程度認められたジュニアでないと、出入りできないのです。遊びに行けるようになっても、しばらくは入り口のかんりにんさんに身分を問いただされます。そこで名前を言って、合宿所からOKがでたら入室できます。エレベーターに乗ることが出来るといったほうがいいかな?

それが、回数を重ねる内に管理人さんに顔パス出来るようになると、トップジュニアの仲間入りです。合宿所にだけ来ていて仕事をしていないジュニアはいなかったと思います。そうでもなかったっけ?レッズ君。

でも嬉しいものですよ、顔パスになると。自分が本当の芸能人になってきたんだという、実感が湧いたものです。それに、トップアイドルたちのプライベートな時間を共有出来るというのが、またたまらない。逆に、後輩ジュニアたちには合宿所出入りステータスを感じさせることが出来、大いに優越感を感じることも出来ました。

原宿の、表参道沿いにあったあのマンション前を通るたびに、あの頃を思い出します。