昨日、会社から帰ろうとしていた時に、妻からメールが届いた。

「風邪みたいなので病院行って寝てます」

え〜っ!朝は一緒に通勤に出たのに。その時は喉は痛そうだったけど、僕も喉が痛かったので、「乾燥がひどいな。今日から加湿器使おう」と思っていました。妻も、朝はつらそうには見えなかったし、何も言ってなかった。それでも会社を早退して病院に行くほどだから、これは相当辛いんだ、と思って大慌てで家に帰りました。

僕の仕事のじゃまはしないようにと帰り際にメールしてきた妻。その気遣いが愛おしくてたまりませんでした。でも、一人でずっと寝ていたわけじゃなかったようで、実家の義母が駆けつけて少しの間面倒を見てくれていたようです。こういう時、妻の実家のそばに住んでいてよかったと、義母に感謝しました。

家に着いてみると、まだ高熱で体の節々が痛いと言った妻。朝と比べて明らかに弱っていました。と言って僕には何もできません。食事の用意と言っても、妻が気を利かせてくれて、ご飯に梅干しに海苔と簡単なものにしてくれました。本当はおかゆでも作ってあげたかったのですが、自分でご飯だけはセットして病院に行ったようで、僕もご飯が炊かれているのであれば自分の食事はどうにでもなるので、「さすがだなあ」と感心してしまいました。

それで今、トイレに起きたついでに妻に熱を測らせたら、かなり平熱近くまで熱が下がっていました。もし今朝になっても高熱が収まらないようだったらインフルエンザの可能性が高かったので、まだ昼過ぎくらいまでは様子を見て寝てるようにすると妻は言いました。

こんな時に僕は今日の午前中は出かける予定が重なっていて、そのうち2つは延期できるけど1つはどうしても今日でなくてはならなくて…でも妻は、「ひどくなってなければ一人で寝てればいいから普通に出かけてきてね」と、言ってくれました。本当は我儘言いたいだろうに、なんてけなげな女性なんでしょう!

エス君、俺の妻はやっぱり宇宙一素晴らしい、僕に舞い降りた天使だよ