インターンが忙しくなってきたことも確かにありますけど、

最近ジャニーズで印象に残ることがないんです、そう考えると

今までも、忙しくても印象に残ることがあったら大抵書いてきましたが、この夏はなんだか…

どうしてだろう?とちょっと考えたんですけど、表現者と受け取り側の間にある、メディアが大きく転換期にあるからじゃないか、という気がしてるんです。

以前は、テレビ、ラジオ、映画、現場(コンサートとか舞台とか)が表現場所でしたよね。これ自体は今もありますが、YouTubeやオンラインなど、ネット系が増えました。また、DVDや録画もあり、衛星放送もあります。つまり、シンプルじゃないんです。

色んなところから色んな才能が以前より圧倒的に簡単に表に出られるようになった。だからといって簡単に長く売れるようになったわけではないのですが、見る方も本当に自分に合った表現者を見つけやすくなったことは事実だと思います。だから、妥協してファンになる必要がないんです。

もちろん、ジャニーズもおそまきながら対応し始めているのでしょうが、もうそう簡単に世の中を巻き込むほどのブームは起きないんじゃないでしょうか。それは他のアイドルにも言えるでしょう。

でも、そもそもアイドルは若い子たちの存在です。そういう意味では、キンプリだって十分大人気なんじゃないですか?大人も巻き込んだSMAP以降の平成の時代が独特なんです。

その平成も1年を切りました。芸能界というところは、なぜか時代が変わると必ず新しい構図が生まれます。今度も、きっと新しい構図が生まれます。その土台はあるんです。5G、4K8K、AIなどなど…

例えば作曲なんて、AIに自分の好みや思考をインプットすれば、大量の自分の好きなオリジナルを自動で作ってくれるでしょう。そこにさらに思考などの修正を加える作業をしていけば、普通では考えつかないような新しい音楽を生み出してくれるかもしれません。

ただ、演技はそうはいかないでしょうね

あとは、単純に人間の見た目

これも、もしかしたら遺伝子操作とかで可能なのかもしれませんけど、多分それは倫理に反するし、たとえそうしたとしても、みんながみんなアイドルみたいだったら、価値が下落し見た目はアイドルの要素から外れることになります。滅多にいないからアイドルなんですから。

僕も、そうやって動いていく時代と今後どう付き合っていくか、このブログの意義はまだあるのか、考えないといけないかもしれませんね。VLOG始めようかとも思ってたり…