ジャニあっく!

「昔のジャニーズは良かったな〜」 というスタンスのジャニーズ応援ブログです! なので今時のジャニーズに対しては辛口記事もあるかもしれませんが、 ジャニーズ愛には絶対の自信があります。ジャニーさん万歳!

2017年01月

僕は元ジャニーズJr.です

追記です


おそらく、今回僕が名前を挙げた彼らは、お互いがお互いを覚えていると思います。覚えていなかった人たちは、時期が1年くらいずれているか何かでしょう。

今回、シゲの口から僕の名前が出たという事実は、このブログを立ち上げた当初には想定できなかったことです。彼は現役芸能人ですから。しかも元々ジャニーズを証明しなくてもいいレベルの同期です。

僕は、もちろんジャニーズの知られざる良い部分、厳しい部分を世の中に知って欲しかったですが、自分がジャニーズにいたことを証明したくもありました。でも、このブログという手段に全く自信が持てず、しかし当時は他に手段もなく、とにかく事実を詳細に綴ることに努めてきました。

僕自身が元ジャニーズJr.であることを証明できなければ、書いた記事も信憑性がないからです。だから、出来るだけ皆さんに映像が浮かぶように書いてきたつもりです。

今となっては、Facebookがあり、Twitterがあり、YouTubeがあります。誰が作っているのかジャニーズ百科事典なるサイトも(信憑性100%ではないものですが)あります。そこでの僕は、もう十分元ジャニーズJr.です。

中村成之が僕のことを言ってくれたおかげで、全てが証明されました。本当に、本当に嬉しく、完全に報われました。自分に対する肩の荷がおりました。これからは、ジャニーズのことについて、本当に自由に、綴っていきたいです。今後のジャニーズを応援できるかはかなり不安ですが、これまでのジャニーズを賞賛し続けることはできます。

ここに遊びに来てくださっている皆さんには、ぜひチャンスがあれば元ジャニーズの人と直接会っていただきたいです。昔のジャニーズJr.はみんな立派な全国区の芸能人でした。そこらのアイドルとは素材から段違いです。

僕らは、そのことを誇りに思えず過ごさざるを得ないその後の人生を送りました。非常に悲しいことです。このブログが、彼らがその存在を知らなくとも、きっと彼らの送った暗い部分を癒すことででしょう。


昔のジャニーズJr.は、本当に凄かったんです。

同じ学年

この時間に電車に乗ると、たまに座れるので虎の子のMacBook Proがモノを言いますね〜

さて、そういえば、と思ったんですけど、これまで一度もこのブログで「同じ学年」の仲間たちについて羅列したことがありませんでしたね!

思い出してみます!

宇治、中村シゲ、内海、江畑兄弟、塩入、早藤、藤沢、百武、田中、成田、新田、蓬田

。。。

こんなもんですね!


次の10年は手越と岡田か

何かと逆風ばかりに思えるジャニーズ。

でも、よく見てみると、今現在確実に数字と収益を取っている「保守系」の存在が2人いるように思える。

それは、アイドル路線保守本流の手越祐也、アイドル演技派路線の岡田准一である。

さらに手越はこれまでのジャニーズの伝統を完璧に受け継いだ「保守本流」と言えるだろう。

二人とも歌と踊りはクリアしつつも、かたやバラエティー、かたや演技で双璧をなしている。

それぞれが所属するグループもクオリティーは高く、当面は安泰だろう。


まだまだ、ジャニーズは落ちるわけにはいかない。この二人を軸に、グループのメンバーが保守系として活動し続けていくことを切に願う。



カウコンで思ったこと

みなさま、あけましておめでとうございます!
本年もじゃにあっく!を宜しくお願い致しますね。


さて、先日のカウコンですが、全体的には良かったと思います。
KAT-TUNが全く出られなかったのが寂しいですが…

僕が懸念していたのは、最後のスタッフロールで、ジュリーさんがまるで「勝ち組」のように
名前を出すのではないか、ということでした。

でも、出さないで事務所の名前だけでしたね。

それには、本当にホッとしました。

しかしSMAPの木村以外の4人が集まったという噂も見ました。

なんか、本当とは思えません。前から申し上げている通り、ジャニーズはジャニーさんがあってこそ。

メリーさんやジュリーさんがどう言おうと、ジャニーさんさえ認めてくれれば生きていけるのです。

逆に、敵に回してはいけないのはジャニーさんなのです。


なんか、そういう時代じゃなくなったのが、すごく寂しいです。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

石丸志門

1967年9月5日生まれ O型

元ジャニーズJr.
主なレギュラー活動履歴:

テレビ
TBS「年頃家族」
テレ東「ヤンヤン歌うスタジオ」

ツアー
少年隊全国ツアー帯同

50歳を機にビジネスマンを辞めました!
僕はやっぱりクリエイター。アーティスト。

引退後は大学、留学、教員免許取得、会社勤めなどふらふらしていましたが、ようやくジャニーズに次ぐ生き方を見つけられた感じで努力中です!

Recent Comments
Archives