ジャニあっく!

「昔のジャニーズは良かったな〜」 というスタンスのジャニーズ応援ブログです! なので今時のジャニーズに対しては辛口記事もあるかもしれませんが、 ジャニーズ愛には絶対の自信があります。ジャニーさん万歳!

2015年04月

岡田君は大丈夫だったのでしょうか…

ネパールで起きた痛ましい大地震。

エベレストまで雪崩が起きてしまう恐ろしさでした。

日本人もエベレストで犠牲者が出ています。

確か、岡田君も今エベレストへ挑戦中なんでしたよね?

エベレストに登るときは、しばらくは別の山で体を気圧に慣らしてから行くはずなので、雪崩が起きたところにはいなかったと思いますが…いたら大ニュースになってますよね。

ただ、無事であっても、イモトの時の例がありますから、登山中止になる可能性もありますよね…

いろんな意味で、本当に心配です。



東山君の謎

もはやジャニーズ事務所取締役として名実ともに君臨している言わずと知れたジャニーズNo.2の東山君。

現代劇も時代劇もこなし、ダンスもその抜群な身体能力を活かし後輩を圧倒していますね。

でも。

東山君の顔って、ジャニーズっぽくなくないですか??

いまなんか大人になっちゃったからますます端正な顔立ちのイメージが強く、「かわいい」っていうイメージないですよね。

昔も、「かわいい」という顔ではなかったです。

大原則として、ジャニーズは可愛くないと入れない事務所です。

いわゆるカッコいい系はほとんど受からないです。

それが、まあジャニーさんの好みですから。

でも東山君は受かった。若い頃から笑顔は可愛いというか、おちゃめな感じがありましたけど、そこですかね…

別に文句があるわけではなく、結果的に大スターになったのだから、ジャニーさんの目はやっぱり確かだったというほかないのですが、ま、珍しいですよね。

やっぱりジャニーさんはすごいなあ…あ、そういえばジャニーさん殺人予告されたのがニュースになってましたよね!あれは笑っちゃいました。ジャニーさんなんか、昔からその手の物は何度もされているし、きっと大きな組織からも狙われていたこともあると思うんですけど、あんなショボイ相手からの殺人予告なんか屁とも思わないと思うんですよ。むしろ狙ったお前のほうが危ないぞ、と言ってやりたくなるほどです(笑)



おいおい、「一応…」ってなんだよ、お前ら!

芸人対ジャニーズの肉体バトル番組ZEUS。

昔の水泳大会みたいなアイドル最優先な番組でなく、芸人とアイドルがガチで勝負した番組。

結果、ジャニーズが惜しくも負けましたが、ガチでやった雰囲気が十分感じられたので、番組としてはとても面白かったです。

でも!

どうしても引っかかる点が一つありました。引っかかるというより、ちょっと怒った。

ジャニーズの面々がたびたび「一応ジャニーズなんで」と言っていたこと。

「一応」はいらないでしょう!なんでそんな言葉が出てくるのか僕には信じられませんでした。

僕は、たとえジュニアであっても他の事務所の人に「一応ジャニーズ」なんて言葉言ったことなど一度もありませんでしたよ。他の連中もそうだと思います。

昔は、ジャニーズジュニアに合格したその日からもう「プロ」扱いだったことは以前にも何度も書いたことがりますね。だから、他で事務所の人と仕事をするときにはプライドと誇りをもって「ジャニーズですから」という言い方をしたものです。それがデビューアイドルが「一応」なんて言葉使うなんて…

レッスンや事務所の指導が緩くなっているとしか思えません。人数が増えて、偉大な先輩が多くなったせいもあるのでしょうけど…

個人的に、聞いててイラッとしました。



えっ?!えっ?!イノッチ浅草出身なの?!!!

初アド街、無難にこなせてましたね〜イノッチ。

ヤックンとの掛け合いもなんだかうれしくなっちゃいました。

それより!

イノッチは浅草生まれなんですか?!

育ちは品川と言っていましたが、浅草には何歳くらいまでいたんでしょう?

僕は生まれも育ちも浅草ですから、ビックリしました!

小学校くらいまではいたんでしょうか?

何小に通っていたか、ご存知の方いらっしゃいませんか?

tomoさん、ご存じないですか?

僕は浅草4丁目に住んでいて、富士幼稚園、富士小学校に行っていました。

もし一緒なら極めてすごいことです!

情報、よろしくお願いいたします!!



千賀君の魂のピアノに感動!!

なんていう歌番組でしたっけ?中居君が司会で演奏を対抗戦でやった番組ありましたよね?

そこで、千賀君がピアノ未経験者なのに尾崎の曲を弾いて、ケミストリーの誰かが歌ってましたね。

千賀君のピアノは4か月の経験とは思えないほどの出来栄えでしたが、完成度でいえばミスも多いし最低限のコードを弾いただけなので、相手の女の子とは雲泥の差がありました。

でも、勝負では千賀君たちが勝ちました!やっぱり魂のこめ方が違ったんでしょう。

でも僕は、中居君の一言にジャニーズの誇りを感じました。

「これは頑張ったで賞じゃないからね。あくまで楽曲としてどうかだからね」

結果的には千賀君たちが勝ったのですが、確かにジャニーズのジャニーズたる所以はそのパフォーマンスの完成度にあります。どんなに努力しても、本番でミスまたは不十分なパフォーマンスをすることは悪なのです。中居君は、そのことを後輩に伝えたのです。

あの場では千賀君も涙を流して喜んでいましたが、落ち着いたら決して嬉しいものではないでしょう。悔しいはずです。恥ずかしいはずです。そうでなければジャニーズの人間ではありません。

別にこれを機にピアノを本格練習して腕を磨く必要はないのです。やりたければもちろん自由ですが。ただ、ジャニーズの人間として恥ずかしい姿を見せたことを発奮材料として、自分の道を今後突き進んでくれればいいのです。大事なのは、心に刻むことです。

ジャニーズは伝統として努力して完成させたものを、さらに発展させてファンに見てもらうことに重きを置きます。それでこそファンは本当に魅了されるのです。そもそも「完成」したと思ってファンに見せているジャニーズの人間などいません。常に上へ上へとあくなき向上心が演じている最中にも存在しながらやっているのです。

最近は不完全でも放送してしまうケースがままあります。ファンから見れば、それはそれで悪くないこともあるかもしれません。

でも、ジャニーズの人間である限り、それに気づき、恥じる心根が必要なのです。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

石丸志門

1967年9月5日生まれ O型

元ジャニーズJr.
主なレギュラー活動履歴:

テレビ
TBS「年頃家族」
テレ東「ヤンヤン歌うスタジオ」

ツアー
少年隊全国ツアー帯同

50歳を機にビジネスマンを辞めました!
僕はやっぱりクリエイター。アーティスト。

引退後は大学、留学、教員免許取得、会社勤めなどふらふらしていましたが、ようやくジャニーズに次ぐ生き方を見つけられた感じで努力中です!

Recent Comments
Archives