ジャニあっく!

「昔のジャニーズは良かったな〜」 というスタンスのジャニーズ応援ブログです! なので今時のジャニーズに対しては辛口記事もあるかもしれませんが、 ジャニーズ愛には絶対の自信があります。ジャニーさん万歳!

2009年10月

素晴らしかった「THIS IS IT」

映画としての「THIS IS IT」がこれほど完璧な作品だとは思わなかった。ラストでは感動のあまり涙が今にもこぼれそうだった。

と同時に、ロンドン公演がいかに凄いステージになるはずだったかが、もの凄くよく分かった。

何度も鳥肌が立った。何度もあたかも自分がその場にいるかのように緊張した。

マイケルは本当に完全主義者だった。そして、そこに関わる全員が天才で、かつマイケルにアジャストできる人、物でなくてはならなかった。彼は完璧なエンターテインメントを見せることを望んでいた。そして、それは空前絶後のものでなくてはならなかった。

この公演こそが、それだった。

彼は楽譜に表せられないレベルの音楽を要求していた。それはダンス、演出全てに当てはまる。その全ての根源は、マイケル自身にしか分からないものであり、周囲は懸命にその「神の領域」を会得、表現しようと常に懸命だった。

マイケルはどこまでも厳しかったが、どこまでも愛に溢れていた。選ばれた全ての関係者に愛を与えた。

彼は、人間が到達してはいけない領域に踏み込んでしまったのかもしれない。それで、天が彼を召した。そうとしか考えられない。

マイケルのパフォーマンスは、スタミナこそ若い時期には劣るが、完成度の高さから言えばロンドン公演は最高と言え、ビートイットやスリラーのPV当時と比べると、PVのほうが勢いや力強さはあるものの、ダンスの完成度としては数段劣って見えた。さらに、彼はオリジナルとほとんど変わらぬ歌声を、リハーサル時点でやってのけていた。それでも、彼の中では「ウォームアップ」だという。口パクなのかと思うほど、彼は歌が上手かった。

とにかく、是非映画館で観て欲しい。DVDが発売されたとしても、これを劇場で見ないのは、人生の一部を捨てるに等しい。もはや「THIS IS IT」は観客動員や興行収益などといった俗世のものとは無縁の、神が人類に向けた愛のメッセージだと、僕は思った。

THIS IS IT

いよいよ今日から公開のマイケルジャクソン「THIS IS IT」。公開が楽しみ…という言い方は適切ではないのでしょうけど、むしろ見ておかなくてはいけない映画、と言ったほうがいいかもしれません。

DVDもいずれは発売されるのでしょけど、やはり大画面で見ておきたい。

目に焼き付けて生きたいと思います。

マイガールから始まる秋

皆様、色々とご心配をおかけして申し訳ありません。
多分来週には通常ペースに戻れる見込みです。とにかく皆様に良い報告が出来ればいいのですが…

さて、今夜から相葉君の「マイガール」が始まりますね来週からはいよいよドラマの秋シーズンが本格的に始まるのでとても楽しみです。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

石丸志門

1967年9月5日生まれ O型

元ジャニーズJr.
主なレギュラー活動履歴:

テレビ
TBS「年頃家族」
テレ東「ヤンヤン歌うスタジオ」

ツアー
少年隊全国ツアー帯同

50歳を機にビジネスマンを辞めました!
僕はやっぱりクリエイター。アーティスト。

引退後は大学、留学、教員免許取得、会社勤めなどふらふらしていましたが、ようやくジャニーズに次ぐ生き方を見つけられた感じで努力中です!

Recent Comments
Archives